ID設定するデメリット

LINE ID掲示板 詐欺アカウントの秘密|ライン掲示板で安全に出会う方法

MENU

目新しい鉢合わせがあり、やがて方策友人になろうとするときに、方策上の友人ラベルをさせるために、その人を見い出す手続が必要です。

 

方策上の友人になるには、いくつかコツがあります。

 

もしも、その人が至近移動にいるのであれば、お互いの引越タイミング友人を振り見合う「ふるふる」という方法で目当てを検索して、登録するコツだ。

 

これは電波体制が良好でないと、引越タイミングがうまく目当てを認識しない場合もありますが、一番簡単で、やりやすいコツだ。

 

仮に、友達の友人といった具合に、もはや自分の友人が今から知人継ぎ足したいヒトとラインでとうにつながっている場合は、その人にパーティーお呼びをしてもらうというコツもあります。その友人を仲立ちさせて、おんなじパーティーに入ってしまえば、パーティートークの中から、その人のアイコンをタップすれば、その人間と自らトークが出来るようになります。この方法も、共通の友人がいれば簡単な手続になりますので、たいして難しい手続ではありません。しかし、ひとつのトークパーティーができるので、不要な場合は、一気にキャンセル処理をするなどのひと手間がかかります。

 

次に、ライン IDで検索するコツだ。しかし、ライン先方が自身のライン IDを設定しない場合には、こういうライン IDで友人サービスの手続ができないという難点があります。

 

例えば、引越タイミング友人を振って友人を探す手続をして、引越タイミングが正しく目当てを認識しない場合は、ライン IDで友人を見いだすことも可能です。しかし、目当てがライン IDを設定していなければ、こういう調査コツは使えなくなります。

 

IDの工夫自体はどうしてもしんどい手続ではなく、ラインの工夫スクリーンのアカウント工夫から届け出が可能です。

 

IDは枚数だけでも工夫できますので、自分がいつも用いる暗証ナンバーや好きな枚数のファッションでも届け出が可能です。

 

そして、そのIDを使って友人から調査をかけて探してもらえるようにするには、非公開経営のスクリーンから、「IDで知人サービスを許可」の近辺をオンにしていれば検索していただける。

 

こういうIDさえ正しく工夫をしておけば、今から知人継ぎ足したいヒトが至近移動にいなくても、テレホンやメルアドなどで、そのIDさえ教えてしまえば、一気に知人サービスが可能になります。

 

どうにか、遠くのヒトとも簡単にコミュニケーションを取れる作戦ですので、メルアドやテレホンだけでなく、ラインも利用できたほうがその移動がぐっと縮まることは間違いありません。