LINE IDで検索ができないパターン

LINE ID掲示板 詐欺アカウントの秘密|ライン掲示板で安全に出会う方法

MENU

非常に便利な伝達ツールです「LINE」は、ユーザーのテレフォン・メールを知らなくても連絡・メールアドレス(言及)を利用することが出来ます。

 

不要に自分の隠密を晒すことなくユーザーと伝達が取り去れるようになるという面に加えて、無料で連絡やメールアドレスが利用出来るというメリットがあるので非常に顧客が多いスマホアプリの一つです。

 

LINEでユーザーと連絡できる状態にする施策にはいくつかあります。「テレフォンをお互いにパソコンに登録して周辺としてアプリケーションに見識させる」、「ふるふるシステムを使ってユーザーを認識する」、「QR符号からユーザーを認識する」、「LINE IDでユーザーを認識する」と言った基本的な方法の中から好きなものを選んで利用できます。

 

ベスト簡単な施策としては「LINE IDで検索する・してもらう」というものなのですが、この方法の場合は「ユーザーを見つけられない」という可能性があるので注意が必要です。

 

最近、IDサーチを利用して周辺を登録しようとする場合にはいくつかの規定があります。例えば、「成人とティーンエイジャーの脈絡」ではユーザーを認識できないとか、「クラス立証を完了していない」場合にもIDで検索することが出来ないことがあります。また、「IDサーチを許諾支度にしていない」という場合も同様にユーザーを認識することが出来ません。

 

こういったシチュエーションを解決する為には、それぞれの状況に合う施策が必要です。クラス認証が完了していないのであれば、LINEのHOMEディスプレイから「支度・クラス立証」と言った感じに進めていて立証をエンディングさせます。お互いにクラス認証が完了して掛かる状態にし、尚更に「サーチを許可する」という支度にすることでIDを利用しての周辺登録が可能になります。

 

仮に、この方法で対応できない場合には「お互いにテレフォンを登録する」、「ふるふるシステムやQR符号を利用する」と言った施策を利用してみましょう。お互いにテレフォンを登録しておいて「テレフォンでの自動的登録を許可する」という支度にしておくことで、自動的にユーザーを周辺として登録して頂ける。ただし、実際のテレフォンを相手に報じなければいけないので、それが嫌なのであればふるふる・QR符号を利用しましょう。

 

ただし、これらは近くにユーザーが居ないと利用できないことが多いので結構はエネルギーが必要になります。また、場合によっては「共通の仲よしか型式に誘ってもらって、そこでユーザーを周辺登録する」という施策も出来ます。